Advertisements

10月26日 – ビットコイン大暴騰後の中期トレンドの現状:今後24時間の展開で完全に上昇トレンドに戻る可能性大

Advertisements
ビットコイン
Advertisements
AD

朝起きてびっくりしました(笑)

#ビットコイン #暴騰 #仮想通貨

本日の内容は以下となります。

========

昨夜のまるで発狂したかのようなビットコイン暴騰は、習近平主席のブロックチェーン推進発言がきっかけだとされていますが、前日はGoogleの量子コンピューター論文の懸念で総悲観を加速させたばかり。

中国がブロックチェーンを推進するなんてとっくの昔に分かりきってた事なんですけどね。

暴騰の原因を分析するならば、一つのニュースがマーケットを切り替えしたと考えるよりも、既にこれ以上ないくらい悪材料が出ていた中で、言い換えると好材料が枯渇しきっていた中で、習近平ニュースが目立っただけなのかなと思います。

つまり乾燥しきった山野をマッチ一本で大火事にしたようなものですね。

========

実は昨夜は、『急激に戻りはしたものの、未だ中期下落トレンドを脱したとは言えない』という趣旨のビデオを撮ろうと思ってベッドに入りました。

しかし今朝起きてみると、一夜にして中期トレンドさえひっくり返してますねーこれは。

========

主要テクニカル指標とともに各チャートを見ていきましょう。

まずは月足です。対数表示にしてあります。

これはご覧いただいているように今回の7月からの調整期間で超長期上昇トレンドを崩されてはいませんでした。ですので変化なしですね。

========

次は週足。これも対数表示です。

週足チャートにおいても、僕は以前から長期上昇トレンドが崩れている状態ではないと何度もご説明してきましたが、実は唯一の懸念はオシレーターでした。

表示しているのはMACDですが、これが下落トレンドを示していたんですよね。週足のオシレーターの重要度はそれほど高くはないとは言え、懸念していた事の一つだったというのは間違いありません。

価格水準がこのレベルで今週を終えればの話しですが、このオシレーター、MACDが上昇転換します。小さいので見えにくいですが、こちらをよくご覧ください。短い方のラインとグラフ表示されている部分の二つ、これが陽転する見込みが非常に高くなってきました。

これが陽転すると週足は全てのテクニカル指標において、完全に上昇トレンドを取り戻した事になりますね。

========

次に日足です。これは対数表示ではなく通常表示で見ています。

まずは一目均衡表ですね。

一目均衡表も一夜にして下落トレンドから上昇トレンドに覆されようとしています。

遅行スパンは実体価格の上に来ていますし、転換線が基準線の上に来ていわゆるゴールデンクロス、転換していないのは先行スパンの雲と、実体価格が雲の上に出きっていないという二点ですが、ここまでの上昇にも関わらずオシレーターのMACDが未だゼロラインの下にあります。この事からこの上昇は未だ終わっておらず、それどころか今日以降もかなり大きな上昇余地、エネルギーを残している状態だとみて取れます。

当然一目均衡表も全てが陽転、上昇トレンドに転換する可能性が非常に高くなっています。

========

次に時間足ですが、日足以下のチャートは、もう読むべきチャートの形さえしていません(笑

ただこのビデオを撮っている時点での価格、9600ドルあたりがレジスタンスになっているのは明確です。

しかし7月以降のこの価格帯での攻防は閑散状態での事でしたからね。その当時の下落エネルギーよりも今の上昇エネルギーの方が数倍上に見えます。一旦は動きが鈍くなるでしょうが、このレジスタンス帯は簡単に抜いてくる事が想像されます。

========

これ以上の短いタームでのチャート分析は省略しますね。見てもあまり意味がありません。

========

しかし面白いものですね。世界中のビットコイン強気派アナリストも意気消沈していた状態でした。

実はつい昨日、お世話になっているある経済界の大先輩から、『ビットコインが下落しているので元気づけようと思って連絡したよ!』という趣旨のお電話をいただきました。

その先輩が仰るには、『量子コンピューターが仮想通貨の暗号を暴けるなら、その量子コンピューターが絶対に暴けない暗号を創れるはずだ、だから何も心配しなくていいぞ!』というお話でした。

その大先輩は御年84歳。

すごいですよね。すごい頭の柔軟性だと思いました。

========

本日は以上です

ビットコイン
Advertisements
Advertisements
Advertisements
仮想通貨動画まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました