Advertisements

ビットコインはどうなったのか?

Advertisements
ビットコイン
Advertisements
AD

2007年。日本。ミステリアスな男性、サトシ・ナカモトが、大胆なアイディアを提案しました。ビットコインが現れた時、まさかここまで成長するとは誰も思いませんでした。ビットコインでの初の取引は、ピザ2枚ですよ!現在、、トップからは程遠い場所にいるこのアイテム。さて、何が起こったのでしょう?

タイムスタンプ:

はじまり 0:35

初のビットコイン取引 (ピザ2枚分!) 1:41

ビットコイン黄金期 2:59

すべてうまくいかなくなった理由 3:19

他の暗号通貨ですか?オプションはいろいろ!

– ネオ 6:01

-モネロ 6:35

-ライトコイン7:13

-ダッシュ7:51

– イーサリアム 8:24

暗号通貨に未来はあるか 9:05

概要:

– 2008年8月18日、ビットコインドットオーグは匿名で登録されます。2か月後、ナカモトは、『ビットコイン・ピーツーピー 電子マネーシステム』と呼ばれるホワイトペーパーを発表。ビットコインの裏側のシステムを説明しています。

– 2009年10月、ビッドコインの為替レートが初めて公開されました。当時、1ビットコインは、0.003アメリカドル。

– 2011年の初め、1ビットコインの価値は、1ドルほどに上昇します。色々話題にもなっていたため、4か月後には、1ビットコイン31ドルほどの価値になっていました。

– 2013年の4月には、266ドルの最高額をマークしました。そこかしこでちょっとした問題はあったものの、11月には1ビットコインがなんと1,242ドルに上昇!

– そして2018年の初めには、驚きの1ビットコイン、13,000ドルに!

– アメリカを含め、いくつかの国は暗号通貨を好ましく思っていません。

2018年、アメリカの証券取引委員会は、初めの2回のビットコイン取引のオペレーターに、罰金と補償金の支払いを命じました。彼らが、ライセンスを受けていない安全性を売り、法を犯したためです。

– アナリストによる、ビットコインの転落に関する別の仮説もあります。暗号通貨コミュニティー内の分裂です。

– NEOは、162ドルほどまで価値があがった、2017年にピークに達します。今日では、1ネオで、9ドル少しくらいの価値しかありません。

– オープンソースの暗号通貨で、2014年に初めて市場に現れました。これはかなりプライベートで、全く跡を残しません。

– ライトコインは、2011年に、元グーグルのエンジニアである、チャーリー・リーによって開発されました。これは、暗号通貨の中でも古いもので、「ビットコインに次ぐ勢力」とも称されています。

– ダッシュ、またはダッシュコインは、2014年、エヴァン・ダフィールドによって開発されました。人気のビットコインの、よりプライベートなバージョンと考えて頂ければ結構です。

– イーサリアムは、イーサー(ether)と呼ばれる独自のトークンの上に成り立っているプラットフォームです。イーサーの先行販売は2014年に開始し、プラットフォーム自体は2015年から機能しています。

– ビットコイン信者によれば、暗号通貨で購入できるものの数は増え続けています。

– 暗号通貨における政府の規制も、かなり重要です。より多くの国が暗号通貨を受け入れるようになれば、より多くの人が暗号通貨に投資しやすくなります。

– 専門家は、ビットコインは、国の通貨が弱い国では素晴らしい基礎をひくことができると考えています。その価格に、直接的なコントロールを持っている人はいないからです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

ビットコイン
Advertisements
Advertisements
Advertisements
仮想通貨動画まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました